軟骨を作る成分

グルコサミンは、軟骨のすり減りを解消してくれる成分です。新しく軟骨を作ってくれ、関節痛の治療や関節に効果的な成分とされています。サプリメントに配合されていて、毎日の食事から摂るのが難しくても手軽に補えます。グルコサミンは、ムコ多糖類である魚や動物に含まれている成分で、甲殻類であるカニやエビには特に豊富に含まれています。生物に多く含まれている成分なのですが、毎日の食事からグルコサミンを摂るのはなかなか難しいです。しかし、軟骨のすり減りは加齢とともに進んでいき、変形関節症になれば軟骨が戻らなくなる可能性も高くなるのです。変形関節症は長年使われてきた関節なる軟骨が、使い続けたことですり減ったり潰れてしまうことです。元に戻らなくなれば、立ち座りする際に痛みを感じ続けてしまうことになります。このような悪い状態を防ぐためにも、グルコサミンはとても重要な成分なのです。

加齢による軟骨のすり減りによる関節痛は、グルコサミンが救世主となります。軟骨を作るのに必要な、グルコミノグリカンが作られるのを促してくれます。軟骨を再生してくれるだけでなく、分解するのも防ぎます。サプリメントで手軽に摂取することが出来ますが、効果が実感出来るのは人によって異なります。早ければ1週間から2週間で効果を感じることができ、目安としては8週間で改善出来ると言われています。痛みなどが徐々に改善されていき、症状も和らいでいくでしょう。素早く軟骨を作るのは長い時間が必要となるので、完全に治すためには継続して摂取することが大切です。痛みが和らいできたら軽い運動を加え、丈夫な関節を作っていくと良いでしょう。また、グルコサミンの成分だけでなく、水分を保ったり軟骨の破壊を防ぐコンドロイチンも一緒に摂ると効果的です。